メニュー

前頭側頭型認知症

[2024.06.11]

こんにちは。ばば脳神経外科・救急科・健診クリニックのスタッフです。

 

今回は前頭側頭型認知症についてお話させていただきます。

脳の前頭葉や側頭葉が萎縮していくことでおこる認知症ですがあまり聞き慣れないな…と言う方も多いと思います。

 

側頭葉の萎縮では

知人や友人の顔を見ても誰だかわからなくなったり、知っている言葉を聞いても意味が理解できないため言葉の使用が困難になってきます。

声を出すことが物理的に難しくなる構音障害も現れます。

前頭葉の萎縮では

店頭のものや人のものを勝手に持って行く、毎日のように急に出かける、身だしなみに無頓着になるなど

理性的な行動ができず欲求のまま素直に行動することがおおく、社会性の欠如がみられます。

 

その他に、毎日同じ料理を食べる、食べ物があればあるだけ食べてしまうなどの行動が見られるようになります。

 

 

認知症によく見られる物忘れや、幻覚、妄想といった症状が中心でないため、気づきが遅くなることもあります。

まず、疑うような症状がある場合には物忘れ外来でご相談下さい。

 

公式LINEはじめました!

お得なワクチンのお知らせや、自由診療の割引情報、地域の感染症情報など配信していきます。

お友達登録よろしくお願いします!

こちらをクリック

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME